廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

廃車の手続きには、書類代やリサイクル費など様々な費用が発生しますが、バイクの廃車の場合は少し違います。
バイクの場合は永久末梢登録が、なんと無料!廃車を考えている人に手続きの大まかな流れやポイントをご紹介!

バイクの廃車手続き方法まとめ

  • 廃車手続きが無料で出来る!

    廃車手続きが無料で出来る!

    車と違って、バイクだと廃車に必要な永久無料登録が無料!少しでもコスト削減をしたいなら自分で手続きを行うべきです!

  • 廃車より買取を考えてみるのも◎

    廃車より買取を考えてみるのも◎

    時間のない人や手続きが面倒だと言う人は、廃車を買い取ってくれる業者へ依頼した方が実はメリットになることも!

  • 廃車後は自賠責保険の解約を!

    廃車後は自賠責保険の解約を!

    廃車の手続きや解体といった作業で経費がかさむ一方、有効期限が残っている自賠責保険は払い戻しの可能性が!手続き完了後は保険会社へ連絡を!

 
 

登録抹消手続きはバイクの排気量別に費用が変わってきますが、永久末梢登録の場合、ほとんどが無料なんだそうです!
自動車の廃車に比べ、無料でできるバイクの廃車はお得ですが、まだ動けるバイクでしたら買取という選択も。
意外な値段がついて思わぬ収穫になるかも知れません。

費用を抑えるために!廃車手続きの流れ

乗り慣れた愛車を廃車にするのは惜しいですが、修理に出す回数が増えたり、車自体にガタがきたり・・・。
バイクにも乗り換える時期が存在し、お世話になった車の廃車手続きをしなければなりません。

バイクを廃車する際の手続きは排気量によって区分され無料で済ませるバイクも多いそうです!
バイクの種類は、「小型二輪車バイク」「軽二輪車バイク」「原付バイク」となっています。

  • 手続き費用
    廃車するためには、陸運局に末梢手続きの申請をする必要があり、専門の業者や行政書士に手続きを代行してもらうことも可能となっています。
    永久末梢登録と一時末梢登録があり、バイクの場合どちらを選択するかによって費用が発生するそうです。
  • 運搬費用(解体費用)
    解体業者に廃車を引き取ってもらうための費用です。
  • リサイクル費用
    バイクや車を廃車する場合、持ち主は「解体費用としてリサイクル料金を支払わなければならない」という法律で定められている費用です。
    バイクの場合は4.000〜7.000円ほどの料金を支払い、リサイクルマークというシールをバイクに貼る必要があるとされています。

以上の費用などが廃車に関わってくると言われています。また、必要書類の料金も別途発生するようになっています。

小型二輪車バイク(251cc以上)を廃車する場合

小型二輪車バイクを廃車にしたい場合、末梢登録申請書などの必要書類を持って陸運局へ行き、廃車の申請手続きをします。
他にも軽自動車税申告書・手数料納付書・委任状などが必要になります。

251cc以上の排気量を出すバイクは永久末梢登録が無料で行えるようになっているようですが、一時末梢登録には費用(数百円程度)が発生すると言われています。
また、その後は解体費用やリサイクル費用が発生するようになっています。

永久末梢登録は無料で行うことができても、その後に費用が発生して思いの他かかったと思ってしまうかもしれませんが、廃車手続きが完了したら自賠責保険の解約をしましょう!
自賠責保険は、残っている有効期限に応じて保険料の払い戻しが行われるので、廃車手続きで損したと思っていた人も本当はお得だったなんてことも。
廃車手続きが完了したら、保険会社へ連絡することもお忘れなく!

軽二輪車バイク(126〜250cc以下)を廃車する場合

126〜250ccの排気量を排出するバイクは、廃車に必要な書類である軽自動車届出済証や軽自動車届出済証返納届などの書類を揃え、陸運局へ申請することで廃車の手続きが行えます。

軽二輪車バイクも251ccの排気量バイクと同様に永久末梢登録は無料でできると言われていますが、一時末梢登録は数百円程度の費用がかかるんだとか。
手続き後も解体費用などが発生するようになっていますが、自賠責保険を解約することによって保険料が返還されるそうです。

原付バイク(125cc以下)を廃車する場合

原付バイクは、廃車申告書などの書類一式を持って陸運局で申請すると、廃車の手続きをすることが出来るとされています。
永久末梢登録・一時末梢登録は他の2種類と同様に、無料・数百円程度の費用負担となっているとされています。
また、自賠責保険の有効期限が残っていれば、廃車手続き完了後の保険解約は忘れずに行ったほうが良いでしょう。


中には廃車手続きをしている時間のない人や、時間や交通費をかけて陸運局まで行くのが面倒だと言う人には、買取など考えてみてはどうでしょう。

「愛車だったけど、もう乗らない・・・」というバイク。
もし解体業者に依頼した場合、費用が高めになったりして支出が多くなってしまいます。
高い費用を支払って解体するよりも、買取業者に引き取ってもらったほうがお得ではないでしょうか。

買取業者の中には、買取後、廃車の手続きなどを代行してくれるところもあり、バイク自体に高値が付く場合も・・・。

買い取り専門で、様々なキャンペーンを行っているサイトを見つけましたので、参考にしてみてはどうでしょう?

車を廃車にする前に!メリットのある買取を考えてみませんか?

バイクボーイの「バイク買取」

http://www.bikeboy.jp/

乗り慣れたバイク、そろそろ変え時だと思ったらバイクボーイで買取を考えてみませんか?廃車だと手続きからその他の費用、大きな出費になりそう。
でもバイクボーイの買取なら査定も出張費も無料なので、めちゃくちゃお得!

ページ先頭へ