廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

廃車の手続きだけじゃなく、廃車にさせないための知識も必要です。
愛車を長く乗り続けるために、合宿免許を利用してしっかりした知識・技能を習得する方法を紹介します。

免許はド短期合宿で取った方が良い理由

  • 愛車を廃車にしないために

    愛車を廃車にしないために

    危険な運転によって多くの車が廃車になっている。常日頃から安全運転を心がけなければいけない。

  • 合宿免許でスキル習得

    合宿免許でスキル習得

    安全運転は教習所でしっかり身につける。評判が高く、注目されているのが「合宿免許」である。

  • 教習所選びはすごく大事

    教習所選びはすごく大事

    合宿免許を選ぶ際はインターネットでよく調べたほうが良い。チェックすべきは料金、設備、周辺環境、口コミ情報など。

 
 

愛車を長く乗り続け、少しでも廃車にするのを遅らせるためには大事に車を運転する知識とスキルが必要です。
ここでは、しっかり学べて短期集中で免許を取得できる「合宿免許」を紹介します。

愛車を廃車にする前に

廃車にするときに必要な情報も役立ちますが、事故で廃車にすることを予防することも重要ですよね。

自分の周りの人、例えば家族や友人などがやんちゃな運転をして愛車を廃車にしてしまったのを見てしまうことはよくあります。
それを見ると車の運転ってこわいなあと思ってしまいがちですが、

車 = 危険

ではありません。

車の危険な運転 = 危険

なのです。

安全な運転 = 安全

とは言い切れないのが残念ですが、より安全なことは間違いありません。安全な運転技能と知識を身につける事は自分と愛車を守るためにもとても大切なことなのです。

そこで、これから車の免許をとりたいと思っている方におすすめしたいのが、合宿免許という方法です。

意外と知られていない合宿免許

合宿免許とは教習所に合宿し、短期集中して車の免許を取る方法です。

「合宿」と言っても、甲子園を目指す野球部が朝から晩までバットを振ったり、神社の階段をうさぎ跳びしたり、練習漬けの毎日を送るアレとは違います。
教習所が用意した宿泊施設に泊まり、免許取得に向けて学科の講習や技能の教習を毎日受けるというものです。教習内容は普通に通うタイプの教習所と同じで、大きく違うのは短期集中ということだけです。

短期集中の三つのメリット

短期集中で教習を受けると何が良いのでしょう?

ひとつは、短期だということです。
そのまんまですが、短期間で免許が取れるということは大きな魅力です。合宿免許では、普通自動車(オートマチック車)の免許を最短で2週間で取ることができます。

二つ目は、免許取得に集中できるということです。
普通に通うタイプの教習所(以下、非合宿と呼びます)では自分の空いた時間に教習を受けることになり、忙しいと教習と教習の間が長く空いてしまったりしてしまいます。そうすると「前回なにをやりましたっけ?」というところから教習が始まるため、非効率的になってしまいます。合宿免許では、毎日の時間は免許取得のためにあり、合宿仲間とともに毎日教習を受けることができます。勢いが全然違いますね。

そして三つ目は、ひとりひとりにきっちり対応してくれるところです。
免許取得に向けて大事なことは教官との関係性です。間が空いてときどきしか会えない非合宿よりも、毎日教習を受けられる合宿免許の方が教官との関係がより深くなると言われています。

つまり、合宿免許の良いところは短い期間で効率的に必要な知識と技能が身に付くということなのです。高いレベルの安全運転を目指したいなら合宿免許を利用してみると良いでしょう。

短期集中のデメリット

しかし、ここで大きな問題があります!短期集中のメリットは多いのですが、デメリットもあるのです。

それは、自分に合わない教習所を選んでしまうときつめの短期集中になってしまうからです。短期とはいえ、アウェイの地で想像していなかったのと違う合宿生活を送らなければいけないのはとても辛いことです。

そのため、事前によく調べてから申し込むのが良いでしょう。

全国の合宿免許先を調べられるサイト
合宿で楽しく免許が取得できる「合宿免許」コンシェルジュ
http://www.menkyo-concierge.jp/
合宿免許を行っている教習所を詳しく調べられるサイト。
資料の請求や入校の申し込みを簡単に行える。スマートフォン向けのアプリもあるためいつでも気軽に検索できる。

お得なプランや各教習所の特徴、周辺の環境などを調べて、教習以外の自由時間もエンジョイできるような合宿になれば最高ですね。

愛車を長く乗り続けてから廃車に

車はどこかに行くにも荷物を運ぶにも仕事をするにも役に立つものです。

車を大事に整備して、自分にも同乗者にも愛車にも優しい運転を心がけ、「長い間お世話になりました」とお礼を言って愛車を廃車にしたいものですね。

ページ先頭へ