廃車
廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

廃車関連書類の説明

廃車手続きの関連書類として、主たる届出書・申請書であるOCRシートの第3号様式の3、第3号様式の2、軽第4号様式の3、軽第4号様式についてと、永久抹消登録申請書の記入に必要な使用済自動車引取証明書、軽自動車の手続に必要な軽自動車税申告書、その他状況により必要となる委任状、罹災証明書、申立書について確認しましょう。

(OCRシート)第3号様式の3

登録自動車の永久抹消登録(もしくは解体届出)と、自動車重量税の還付申請の際に必要な書類で、「永久抹消登録申請書 解体届出書 自動車重量税還付申請書」と記載してあります。永久抹消登録なのか、一時抹消登録後の解体届出かのどちらかにチェックを入れます。また、自動車重量税還付申請を同時に行う場合、「重量税還付申請の有無」の欄を空欄として、申請しない場合には「0」を記入します。尚、事項は鉛筆で記載しましょう。申請者(所有者)の実印を押し、印鑑証明書を添付して提出します。

(OCRシート)第3号様式の2

主に登録自動車の一時抹消登録の際に用いられる書類で、その他、輸出抹消仮登録等に使用されます。解体時の永久抹消登録については、重量税還付と兼用となっている第3号様式の3が使われるのが一般的です。手続きをおこなう申請内容にチェックを要れ、鉛筆で必要事項を記入してください。申請者(車の所有者)の署名と実印が必要ですので、印鑑証明書とともに提出しましょう。尚、一時抹消の際、手数料として350円の印紙が必要です。

(OCRシート)軽第4号様式の3

軽自動車の永久抹消登録(解体返納届出、もしくは解体届出)と、重量税の還付申請のときに提出する書類で、「自動車検査証返納届出書 解体届出書 自動車重量税還付申請書」と書かれたものです。該当自動車を一時使用中止としていたかに応じて、解体返納(永久抹消)なのか解体届出なのかを記入します。重量税還付の有無については、同時に申請する場合は空欄で、申請しない場合に限り0と書きます。必要事項をエンピツで書き、記名、認印を押して提出します。

(OCRシート)軽第4号様式

軽自動車の一時抹消登録(自動車検査証返納届)のときに提出する書類で、「自動車検査証返納証明書交付申請書」と書かれたものです。主に軽自動車の一時使用中止の際に使用します。機械の読み取り不備が無いよう、エンピツで記載して、署名、認印と共に提出しましょう。事項尚、自動車検査証返納証明書の交付を受ける場合は、手数料350円がかかりますので、印紙にて納付します。

使用済自動車引取証明書

使用済自動車引取証明書は、自動車の解体処理後に引き取り業者から渡される書類で、移動報告番号(リサイクル券番号)、解体日等が記載されたものです。これらの情報は廃車手続きの際の届出書の項目に記入が必要ですので、この証明書がなければ永久抹消登録ができません。業者からは必ず受け取り、大切に保管しましょう。

軽自動車税廃車申告書

軽自動車税廃車申告書兼標識返納書は、軽自動車の永久抹消登録、一時抹消登録の際に提出が必要な書類です。自動車の解体処理時はもちろんのこと、盗難紛失や用途廃止のときのも、この申請書を提出しなければ軽自動車税の課税対象となりますので、忘れずに申告しましょう。尚、同申告にはナンバープレートと標識交付証明書も必要となります。(滅失時には代わりに理由書を提出します。)

委任状

永久抹消登録、一時抹消登録の際に、所有者以外の代理人が申請手続きを行なう際に必要な書類です。所有者の署名と実印(軽自動車の場合は認印)と、申請に関する権限を委任する旨を記載し、代理人は委任状と共に申請を行います。また、届出書・申請書の申請者署名・実印等の代わりにもなります。

罹災証明書

災害や盗難行方不明の場合の永久抹消登録の際に、使用済自動車引取証明書の代わりとして用いる書類です。抹消登録の事由が滅失である場合、解体報告記録日というものがありませんので、罹災証明書を以って申請します。

(用途廃止)申立書

用途廃止の場合の永久抹消登録の際に提出する書類です。倉庫等として使用する場合には解体を行わないので、使用済自動車引取証明書や解体報告記録日などがありません。ナンバープレート、車体番号がわかる状態での自動車の写真と共に、用途廃止して使用する旨を記載して提出します。

ページ先頭へ