廃車
廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

廃車手続きの流れ(大型車)

大型車(大型自動車)の廃車手続きについては、大型特殊自動車と被牽引自動車を除けば普通車と同じ流れになります。ここでは大型車の定義と、2007年6月の道路交通法改正で加わった中型自動車の区分の定義、廃車手続の必要書類と、永久抹消登録と一時抹消登録について紹介しましょう。

大型車(大型自動車)とは

大型車は、車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗車定員30人以上とした自動車の区分です。正式には大型自動車と呼ばれるものです。普通車に比べて車体が大きく、タイヤ間のホイールベースや、車体前方のオーバーハングも大きい為、運転席から見た死角が多いことや、小回りが利かないこと、右左折時の内輪差の幅を考慮した運転や、車両前方を道路からはみ出させた運転操作など、特別な技術が必要な為、大型免許(もしくは大型第二種免許)を持っている人が運転できます。

大型車について、2007年6月2日に施行された道路交通法の改正前までは、車両総重量8トンkg、最大積載量5トンkg、乗車定員11人という下限で区分され、それ未満では普通自動車という区分とされていました。しかし、貨物自動車の大型化と普通自動車免許で運転できる4トントラックの事故の多発を背景として、道路交通法改正により、最大積載量は3t未満、車両総重量5t未満、乗車定員10人以下が普通自動車、最大積載量3t以上6.5t未満、車両総重量5t以上11t未満、乗車定員11人以上29人以下を中型自動車、大型自動車は前述通りという区分に変更されました。

大型車

中型車(中型自動車)とは

大型車は、車両総重量5トン以上11トン未満、最大積載量3トン以上6.5トン未満、乗車定員11人以上29人以下とした自動車の区分です。2007年6月2日からの道路交通法改正によって新たに加えられた自動車区分で、改正前の普通自動車と大型自動車の中間部分であり、4トントラックやマイクロバスなどの車がこれにあたります。運転免許は中型免許(または中型第二種免許)、もしくは大型免許(または大型第二種免許)で運転をすることができます。尚、法改正前に普通免許を取得している場合は、「中型車(8t)に限る」という特別な中型免許に種類が変更され、施工前と同様に車両総重量8トンkg未満、最大積載量5トンkg未満の自動車も運転することができます。

大型車の廃車の流れ

道路交通法における大型自動車、中型自動車の区分ですが、道路運送車両法においては普通自動車として区分されています。大型車の廃車については、特別な場合を除けば、バスやトラックなどは普通自動車と同じ手続で廃車することができます。

但し、大型特殊自動車や、トレーラーなどの被牽引自動車については廃車手続きが異なります。それらの自動車を解体した際には、解体証明書か、あるいは廃棄物処理法に基づいた運搬マニフェスト(マニフェストB2票)が必要となります。そういった場合でなければ、大型車・中型車の廃車は陸運支局か自動車検査登録事務所で、普通自動車と同様の手続きで行うことができます。

大型車の廃車手続き

大型車の永久抹消登録

大型車の永久抹消登録は、特殊車両を除いて普通車と同様です。自動車の解体後、陸運支局か自動車検査登録事務所で申請書・届出書(OCRシート 3号様式の3)と手数料納付書、ナンバープレートを提出して廃車手続きを行ないます。印鑑証明書と実印も必要です。自動車重量税や自賠責保険の還付手続も忘れないようにしましょう。尚、完全に解体して車籍登録を抹消し、該当車両が二度と日本国内を走ることができなくなるのが永久抹消登録です。再度使用を検討していたり、輸出を考えていたりする場合は一時抹消登録を行ないましょう。

大型車の一時抹消登録

大型車の一時抹消登録は、特殊車両を除いて普通車と同じです。自動車からナンバープレートを取り外し、陸運支局・自動車検査登録事務所に行ってナンバープレートを返却し、届出書(OCRシート 3号様式の2)と350円の手数料印紙、印鑑証明所を提出します。自賠責保険の返戻手続も保険会社にてできます。但し、自動車税の還付はありますが、自動車重量税はリサイクルした時点での還付となるため、一時抹消登録では還付金はありません。解体届出を提出してリサイクルがされた場合に還付されます。尚、一時抹消登録中の自動車は運行することができません。再登録手続をすると、再度運行することができます。

ページ先頭へ