廃車
廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

廃車手続きの流れ(軽自動車)

軽自動車の廃車手続は管轄区域の軽自動車検査協会で行います。ここでは自分で廃車手続を行う際の流れについてご紹介します。尚、引き取り業者に手続き代行をしてもらうのもよいでしょう。但し、一連の流れのどこまでを代行してもらえるのか、還付金はどのように分配されるのかは確認しておきましょう。

自動車を解体する

永久抹消登録を行なう前に、自動車を自治体の登録する引取業者へ引き渡し、車を解体する必要があります。軽自動車検査協会で届出申請の際に必要となりますので、ナンバープレートと、解体後に発行される「使用済自動車引取証明書」を必ず受け取りましょう。使用済自動車引取証明書にはリサイクル番号と解体日が記載されています。

必要書類を揃える

軽自動車の廃車手続き

使用済自動車引取証明書とナンバープレートを受け取ったら、軽自動車の永久抹消登録(自動車検査証返納届出 解体届出)のため軽自動車検査協会へ向かいましょう。原則として、解体から15日以内に申請手続きを行なうこととなっています。このとき、必ず必要書類を確認して揃えてから窓口へ行ってください。必要書類には、軽自動車検査協会で入手可能なものと、事前に用意しておかなければいけないものとがあります。尚、申請書の取得は有料ですので、お財布も持って行きましょう。

窓口で入手可能なもの

  • 届出書・申請書(OCR 軽第4号様式の3)
  • 軽自動車税廃車申告書

事前に用意が必要なもの

  • ナンバープレート(前後の2枚)
  • 使用済自動車引取証明書
  • 自動車検査証
  • 印鑑
  • (所有者と申請者、還付金の受取人が異なる場合)申請依頼書(委任状)

届出書・申告書の記入

必要書類が揃ったら、各届出書の必要事項を記入していきます。それぞれの書類の記入の際には、解体業者から貰う使用済自動車引取証明書に記載してあるリサイクル券番号(移動報告番号)と解体日、自動車検査証の情報の記入が必要となります。また、所有者、使用者、還付金の受取人の署名の記入と押印が必要となりますので注意しましょう。これらが届出書に無い場合、署名と押印のある申請依頼書(委任状)が必要となりますので事前に用意しましょう。また、OCRは機械で読み取りを行うため、ボールペンではなく鉛筆での記載が必要となります。

書類を窓口に提出する

必要書類の記入が終わったら、軽自動車検査協会の窓口へと提出します。提出の流れは各自治体により異なる場合があります。まずは総合受付窓口で提出窓口と提出の流れを確認しておきましょう。該当窓口へ解体届出書と軽自動車税廃車申告書を提出し、提出後どのようにすればよいかを確認しましょう。また、合わせて、持参したナンバープレートをナンバープレート返納窓口へ提出します。自動車検査証返納証明書の交付が必要な際は、その旨を伝えなければ基本的に発行されずにそのまま終わりますので、担当の方につたえましょう。

自動車重量税の還付申請(軽自動車)

自動車重量税の還付申請については、解体届出書と申請書が兼用となっていますので、基本的に別途申請書を提出する必要はありません。所有者と還付金受領者が異なる場合や、その自治体の手続きの流れなどにより、別の書類の提出や、他の窓口への書類提出を求められる場合もありますので、その際は窓口の指示に従ってください。3ヶ月から4ヶ月後に指定口座に還付金が振り込まれます。

自動車税の還付申請(軽自動車)

軽自動車の廃車手続については、自動車税の還付金はありません。軽自動車税廃車申告書により自動車税の解約をして終わりです。

自賠責保険の解約返戻手続き(軽自動車)

抹消登録手続きを行った後は、最寄りの自賠責保険加入先保険会社の窓口に行き、自賠責保険の解約手続きを行ないましょう。保険残存期間が1ヶ月以上ある場合、つまり車検切れの予定だった月まで1ヶ月以上ある場合は、解約手続きにより月割りの返戻金(還付金)を受け取ることができます。保険証明書、印鑑、運転免許証などを持参して手続を行ないます。解約後、7日から10日で指定口座に返戻金が振り込まれます。

ページ先頭へ