廃車
廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

自動車重量税の還付

自動車重量税は廃車・解体をすることによって、過払い分の税額が還付される制度があります。これは自動車リサイクル法の施工により加わったものですが、還付制度を知ることで廃車時にもらえる金額が増え、得をすることができます。自動車重量税の還付金額を計算して、廃車時に損をしないようにしましょう。

自動車重量税について

自動車重量税

自動車重量税とは、検査自動車と届出軽自動車に対して課される税金のことで、自動車重量税法に基づいた国税となっており、管轄は国税庁となります。自動車重量税は新車購入時や車検時に納付するものとなっていて、購入時は3年分、車検時には2年分を納付します。その金額は、自動車の分類と、重量によって決まり、さらに暫定税が上乗せされたものが税額となります。尚、自動車税と同様に、自家用に比べて営業用のものの税率のほうが低く設定されています。

自動車重量税は自動車リサイクル法の成功以前には還付制度がありませんでしたが、リサイクル法施工後は廃車により適正にリサイクルが行なわれた場合に還付制度が受けられるようになりました。尚、還付の条件が廃車、解体された場合となりますので、盗難や行方不明による抹消登録に関しては還付申請を行なうができません。

廃車時の自動車重量税の還付金額

自動車重量税の還付は自動車解体後に申請手続きを行なうことで受け取ることができます。その金額は納付した税額から申請後の翌月から計算した車検残存期間で月割りしたもので計算することができます。つまり、納付した自動車重量税額を車検有効月数(24ヶ月、または36ヶ月)で割ったものに、車検残存月数を掛けたものが還付金額となります。これは軽自動車についても同様です。以下に2年車検で自家用乗用車の場合の還付金額の早見表を紹介します。

車両重量
(トン)
自動車
重量税額
車検残存期間
18ヶ月 12ヶ月 9ヶ月 8ヶ月 7ヶ月 6ヶ月 5ヶ月 4ヶ月 3ヶ月 2ヶ月 1ヶ月
0.5以下 12,600 9,450 6,300 4,725 4,200 3,675 3,150 2,625 2,100 1,575 1,050 525
0.5超〜1.0以下 25,200 18,900 12,600 9,450 8,400 7,350 6,300 5,250 4,200 3,150 2,100 1,050
1.0超〜1.5以下 37,800 28,350 18,900 14,175 12,600 11,025 9,450 7,875 6,300 4,725 3,150 1,575
1.5超〜2.0以下 50,400 37,800 25,200 18,900 16,800 14,700 12,600 10,500 8,400 6,300 4,200 2,100
2.0超〜2.5以下 63,000 47,250 31,500 23,625 21,000 18,375 15,750 13,125 10,500 7,875 5,250 2,625
2.5超〜3.0以下 75,600 56,700 37,800 28,350 25,200 22,050 18,900 15,750 12,600 9,450 6,300 3,150
3.0超〜3.5以下 88,200 66,150 44,100 33,075 29,400 25,725 22,050 18,375 14,700 11,025 7,350 3,675
3.5超〜4.0以下 100,800 75,600 50,400 37,800 33,600 29,400 25,200 21,000 16,800 12,600 8,400 4,200
軽自動車 8,800 6,600 4,400 3,300 2,933 2,566 2,200 1,833 1,466 1,100 733 366

自動車重量税還付金額計算方法

上記の表に当てはまらない場合についても還付金額を計算することができます。自家用乗用自動車については、自動車重量税は0.5tごとに年間6,300円となっています。つまり、車検時の税額は以下の通りに計算できます。(ここで、自動車重量÷0.5は少数以下切り上げ)

還付金額 = (自動車重量 ÷ 0.5トン) × 6,300円 ÷ 12 × 車検残存月数

尚、自家用のトラックの場合、総重量2.5トン超であれば1トンごとに年間6,300円、2.5トン以下であれば1トンごとに4,400円、軽自動車は重量関係なく4,400円となります。また、営業用の自動車については、乗用自動車が0.5トンにつき2,800円、トラックは1トンにつき2,800円、軽自動車は重量関係なく2,800円となっています。

自動車重量税還付手続き

自動車重量税の還付申請手続は自動車の解体後、永久抹消登録の手続きと同時に行ないます。還付申請書が永久抹消登録申請書と一体となっていますので、所定の申請書を登録自動車であれば管轄の運輸支局か自動車検査登録事務所へ、軽自動車であれば管轄の軽自動車検査協会事務所へ提出します。その後、審査に約3ヶ月がかかりますが、還付が認められた場合に指定銀行口座もしくは郵便貯金口座に振り込みにて給付されます。

ページ先頭へ