廃車
廃車TOP 廃車について 還付金 廃車手続き 運輸局一覧

自動車リサイクル法について

自動車リサイクル法とは、2005年1月1日から施工された法律で、新車購入時に車の所有者が自動車のリサイクル料金の一部を負担するというものであり、正式には「使用済自動車の再資源化等に関する法律」といわれるものです。尚、2005年1月1日以前に購入した車については、車検時に支払われていることになります。

自動車リサイクル法とは

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法で所有者が負担する廃棄費用は、主にASRと呼ばれる車体を破砕した際にでる残さ物であるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類に限られます。廃車の際、車の最終所有者が廃棄費用を負担することとなっており、自治体の登録する引取業者へ引き渡された廃車は、エアバッグの解体業者、フロン類の回収業者、破砕業者で解体され、各部品はメーカーに引き渡されてリサイクルされます。

自動車リサイクル法では、乗用車はもちろんのこと、トラックやバスを含む公道を走るほとんどの四輪者が対象となります。但し、被牽引車、大型・小型特殊自動車、農業・林業機械、スノーモービル、公道を走らないレース用自動車・試験・研究用途の自動車、自衛隊の装甲車など、その他政省令で定められた例外は除きます。尚、原動機付自転車(原付)等を含む二輪車については「二輪車リサイクルシステム」という国内メーカーや輸入事業者の自主的な取り組みによって実施されています。

なぜ自動車リサイクル法?

自動車リサイクル料金

現在、年間で約360万台前後の自動車が廃車となっているといわれています。以前までは、鉄などの有用金属はリサイクルし、総重量のおよそ2割に当たるシュレッダーダストは埋め立てが行なわれてきました。しかし、近年、金属価格の低下・不安定化と、埋め立て処分場の容量余裕不足による処分費用の高騰により、解体業者では採算が合わないという状況に陥っています。それに伴って不法投棄や不適正な処理なども社会問題化してきたのです。

その状況を受けて、廃車の適正処理を目的として、埋め立てではなくリサイクルに使用するためのASR(シュレッダーダスト)、爆発性があり処理に技術が必要なエアバッグ類、適正に回収処理されなければオゾン層の破壊や地球温暖化などの環境問題を引き起こすフロン類について、廃車所有者がリサイクル税を負担することで適正にリサイクルを行なおうと定められた法律が自動車リサイクル法です。

自動車リサイクル料金について

自動車の購入者が支払ったリサイクル料は、車が廃車にされるまで「財団法人 自動車リサイクル促進センター」により厳格な管理を行なわれています。リサイクル料は最終所有者が負担することとなっていますので、中古車の売買が行なわれる際、リサイクル料金も上乗せされて買取、売却がされています。一見してひとつの自動車に何度も料金が発生しているようにも見えますが、実際は前の所有者と次の所有者の間でリサイクル券と引き換えに受け渡しがされていることになります。

自動車リサイクル料金の内訳は、シュレッダーダストの発生量・エアバッグ類の個数・フロン類の充填量などから概算して設定された処理費用と、資金管理料金(380円、2005年1月1日以前の購入車は480円)、情報管理料金(230円)からなっています。処理費用は自動車の車種、メーカーにより1台ごとに設定されており、各メーカーのホームページで確認することができます。尚、処理費用の相場としましては軽乗用車、普通乗用車は6,000円から18,000円前後、中型トラック、大型トラックは10,000円から16,000円前後、大型バスは40,000円から65,000円前後と言われています。

自動車リサイクル券

新車購入時にリサイクル料金を支払うと、領収書とともにリサイクル券というものが発行されます。これは、自動車リサイクル料を支払っていることの証明となり、また廃車手続の際に必要となりますので、確実に入手して車検証などと共に大切に保管してください。

廃車のリサイクル状況が知りたい!

廃車となった車のリサイクル状況が知りたいという場合に、財団法人 自動車リサイクル促進センターと一般社団法人  自動車再資源化協力機構、及びASR運営が運営しているホームページ「自動車リサイクルシステム」で確認することができます。尚、車検証等があれば同ホームページでリサイクル料金を確認することもできます。

自動車リサイクルシステム URL: http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html

ページ先頭へ